« 「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました | トップページ

「回天の剣~島津義弘伝 下巻」を読みました

島津四兄弟の次男である島津義弘について、天野純希さんが書いた「回天の剣」を読みました。この本は島津義弘伝の下巻となります。

下巻では、伊集院忠棟が刺殺されて子である伊集院忠真が反乱を起こした庄内の乱から関ヶ原の戦いが終わり、戦後処理にて島津家が本領安堵を勝ち取るところまでが描かれています。

主人公は島津義弘でありますが、島津義弘の子であり、島津家を引き継ぐことになる島津忠恒の印象が悪すぎるため、後味の悪い作品に感じました。

著者が意図しているのであれば、それは大成功というくらい、島津忠恒の陰湿さや意地の悪さが目立ちました。

一方、島津義弘は上巻で兄である島津義久のことを疑ったりする部分もありましたが、下巻では仲のよいところを見せています。

関ヶ原の戦いで、伏見城に入城しようとするものの断られるところも登場し、この本では最初は東軍に就こうとしていたことが分かります。

最初から西軍説は検地を行ったり、島津家を助けたりしてくれた石田三成と仲がよかった、ということのようですが、ここでは仲がよいというよりは反発はあるものの、それを利用して、島津家を新しくしようと肯定的に考えたいただけのように感じました。

それよりも、弟である島津歳久や島津家久が謀殺や切腹などで死に追いやられていた点で、終生、豊臣家を恨んでいたとあり、そっちの方が順当な考えのように感じました。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

回天の剣 島津義弘伝下 [ 天野純希 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)


ちなみに、伏見城入城のところでは、事前に徳川家康から依頼を受けていたこともあり、徳川家康が島津家を西軍に追いやったという形になっています。

確かに、伏見城の守備軍にする考えであれば、大将である鳥居元忠に話をしないことはありえない気がします。

このあたりは、島津義久と徳川家康の政治的な駆け引きが裏にあったとしていて、庄内の乱を引き起こさせ、国元の混乱のため、兵を出せない形をとろうとした島津義久に対して、無理やりにでも庄内の乱を収束させて、関ヶ原の戦いなどの争いに関わらせようとする徳川家康だったようです。

仕方なく、島津義久は東軍につき、島津義弘を送りだしますが、徳川家康が西軍に追いやったため、島津義久は逆に兵を出さずに、国の立て直しを図る形を取ります。

このとき、島津義弘は見捨てられる形になりましたので、島津義弘が武名をあげて、薩摩に戻ってきた際の島津義久と島津義弘の再開の場面が感動的でした。

ちなみに、島津義弘はそういう政治的な背景が全く分からないとしていて、自分では西軍を勝たせるために必死だったり、敵中突破の場面でも、そのまま退却するよりは、徳川家康に一矢を報いて退却する方が確率が高いと考えていたようです。

島津義弘は、兄である島津義久の政治力は持ちあわせていないし、弟である島津歳久のような鬼謀を用いた戦略を立てることもできないし、一番下の弟である島津家久のような戦における武略を用いることができない、と嘆く場面もあります。

が、武勇に一番秀でていて、部下を一番鼓舞できるのが島津義弘で、島津軍の九州制覇の戦いや、朝鮮出兵から関ヶ原の戦い後までの、戦だったり政治的な綱渡りの部分についても、島津義弘の活躍がなければ成り立たないということが、改めてよく分かりました。

そういう立派な人物であった島津義弘であっても、自身が振り返るように子育てに失敗したと嘆くところに人間味があるのかもしれません。

それにしても、敵中突破からの撤退のシーンはどの本を読んでも一番盛り上がる場面で、読み込むスピードも速くなってしまいますね。

お勧め度は★★★★☆です。

Amazonで買うなら↓

関連リンク:

  • 「破天の剣」を読みました - 2013.04.16
    (主な登場人物)島津家久、山田有信、島津豊久、島津義久、島津義弘(忠平)、島津歳久、島津貴久

広告:

« 「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「回天の剣~島津義弘伝 下巻」を読みました:

« 「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました | トップページ

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ