« 2017年7月 | トップページ

2017年8月の1件の記事

「回天の剣~島津義弘伝 下巻」を読みました

島津四兄弟の次男である島津義弘について、天野純希さんが書いた「回天の剣」を読みました。この本は島津義弘伝の下巻となります。

下巻では、伊集院忠棟が刺殺されて子である伊集院忠真が反乱を起こした庄内の乱から関ヶ原の戦いが終わり、戦後処理にて島津家が本領安堵を勝ち取るところまでが描かれています。

主人公は島津義弘でありますが、島津義弘の子であり、島津家を引き継ぐことになる島津忠恒の印象が悪すぎるため、後味の悪い作品に感じました。

著者が意図しているのであれば、それは大成功というくらい、島津忠恒の陰湿さや意地の悪さが目立ちました。

一方、島津義弘は上巻で兄である島津義久のことを疑ったりする部分もありましたが、下巻では仲のよいところを見せています。

関ヶ原の戦いで、伏見城に入城しようとするものの断られるところも登場し、この本では最初は東軍に就こうとしていたことが分かります。

最初から西軍説は検地を行ったり、島津家を助けたりしてくれた石田三成と仲がよかった、ということのようですが、ここでは仲がよいというよりは反発はあるものの、それを利用して、島津家を新しくしようと肯定的に考えたいただけのように感じました。

それよりも、弟である島津歳久や島津家久が謀殺や切腹などで死に追いやられていた点で、終生、豊臣家を恨んでいたとあり、そっちの方が順当な考えのように感じました。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

回天の剣 島津義弘伝下 [ 天野純希 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)


続きを読む "「回天の剣~島津義弘伝 下巻」を読みました" »

« 2017年7月 | トップページ

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ