« 「墨龍賦」を読みました | トップページ | 「回天の剣~島津義弘伝 下巻」を読みました »

「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました

島津家を率いた猛将である島津義弘について、天野純希さんが書いた「衝天の剣」を読みました。この本は島津義弘伝の上巻となります。

天野純希さんの本では、四男坊である島津家久について書いた「破天の剣」を読んだことがありますが、それの姉妹本にあたるのかもしれません。

上巻では、島津家が豊臣秀吉に降伏した後から、秀吉が死に、朝鮮から帰国してくるまでが描かれています。

そして、終始、秀吉に対する恨みというか疑心を胸に秘め、黙々と任務を遂行する様子が伺えます。

一方で、秀吉側も、島津家を弱めるために、検地を無理にでも実施したり、確証はないですが、島津家久を始めとして、跡取りであった島津久保や一族の有力者を死に至らしめたりしています。

最も、島津家は毛利家などと同様に、古い体質の主従関係を結んでいて、国人が協力する形になっているため、豊臣大名となるためには必要なことと、受け入れていく形になります。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

衝天の剣 島津義弘伝上 [ 天野純希 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)


こうした秀吉嫌いという形で話が進むと、筆頭家老でありながら、豊臣秀吉に直接領地をもらった伊集院忠棟などは悪役の形で登場しています。

他の本と変わってるところとしては、島津義久と島津忠恒がそれにあたると思います。
島津義久は弟からの尊敬を集めた名将なのですが、この本では島津義弘から疑いを持たれるほど、どこか変わった考えを持って、ことに当たっています。

上巻の最後で明らかになる形としていますが、普通に読めば、ある人物の鬼謀であることと、その人物もすぐに分かるため、その目的は何か、ということに考えを巡らせながら読んでいました。

島津忠恒は島津家の当主となる人物ですが、実の父である島津義弘からの評価は低く、婿に迎える島津義久の評価も低い、と意外な感じで語られています。

島津義久の娘である亀寿の婿となり当主を引き継ぐパターンは、立花宗成や長宗我部盛親など多くあり、大体問題が起こっているような気がします。

逆に、島津義弘の嫡男である島津久保には随分と期待がかけられていたことが分かりますし、島津家久の嫡男で、関ヶ原の戦いで身代わりとなって死ぬことになる島津豊久はさらに高評価であることもあり、逆に卑屈になる島津忠恒というのが、下巻でどうなっていくのかも面白いところです。

あと、珍しいところでは、朝鮮での戦いで相手役となる李舜臣について多く語られているところです。

李舜臣は朝鮮の海軍を指揮していましたが、そこに至るまでの苦労や、その地位を手放すことになった件や、復帰後も戦力が思うように整わないジレンマなど、人となりがよく分かるようになっていました。

最後は日本軍が撤退する際に、李舜臣が攻撃を仕掛けて、逆に島津義弘との海戦に敗れる形になりますが、この辺りの戦描写は面白かったです。

戦でいうと、この撤退戦と島津家の代名詞となった戦の一つである泗川の戦いが中心で、臨場感のある内容となっています。

特に、種子島久時の大砲や鉄砲の砲術による活躍がやっぱり見事でした。

下巻は関ヶ原の戦いに至る兵力不足や、関ヶ原の戦いの撤退戦が中心になると思いますが、どのようになるのか楽しみですね。

お勧め度は★★★★☆です。

Amazonで買うなら↓

関連リンク:

  • 「破天の剣」を読みました - 2013.04.16
    (主な登場人物)島津家久、山田有信、島津豊久、島津義久、島津義弘(忠平)、島津歳久、島津貴久

広告:

« 「墨龍賦」を読みました | トップページ | 「回天の剣~島津義弘伝 下巻」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました:

« 「墨龍賦」を読みました | トップページ | 「回天の剣~島津義弘伝 下巻」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ