« 「さむらい道~最上義光 もうひとつの関ヶ原」を読みました | トップページ | 「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました »

「墨龍賦」を読みました

元は武士の子であり、絵師として有名となった海北友松について、葉室麟さんが書いた「墨龍賦」を読みました。

海北(かいほう)といえば、浅井家家臣の小谷三人衆の一人にいた名前だと思いましたが、その三人衆の一人である海北綱親の三男として生まれたのが海北友松で、三男ということもあり、東福寺の喝食となったようです。

絵師ということで、山本 兼一さんの狩野永徳や、安部 龍太郎さんの長谷川等伯のような、絵に関する熱い本かなと思いましたが、ちょっと違った作品となっています。

タイトルにあるように、狩野永徳のような色をふんだんに使った派手な作品ではなく、雪舟の水墨画のような墨を使った作品のようです。

ただ、海北友松は元々武士になるつもりで育った人で、東福寺の修行時代もいずれは還俗して武士になることを考えていたようです。絵師として生きるように腹を決めたのは晩年になってからのようです。

そのため、絵の修行の話よりも、俗世間的な武士っぽい話の方が多い感じです。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

墨龍賦 [ 葉室麟 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/7/1時点)


東福寺では修行中の安国寺恵瓊と出会い、生涯持ちつ持たれつの関係を保ったようで、同じ元武士の父を持ちながら、交渉術で世に出ようとしている安国寺恵瓊と還俗して家を再興するために生きようとする海北友松の違いがよく出ています。

この本は、春日局の想い出話から始まる形となっています。
春日市は明智光秀の家臣である斎藤利三の娘で、父が処刑された後は養女として育てられた後に、徳川家光の乳母となった人物です。

海北友松はこの斎藤利三や明智光秀と交流があったとしていて、織田信長の正室であった帰蝶やら、長宗我部元親やらが登場し、本能寺の変にからんできたりしてしまいます。

また、安国寺恵瓊がらみとしては、同じ東福寺で修行していた尼子勝久が還俗した際には、尼子勝久や山中鹿之助らと交流を持ち、安国寺恵瓊と同様に、俗世間との関わりが多くなっています。

一方で、絵の方では、狩野永徳の祖父である狩野元信や狩野永徳自身に弟子入りを許されて、才能を評価されつつも、自己中心的に作り上げる作風については、不評を買ったりします。

海北友松は狩野永徳の才能を認めつつ、どこか依頼主にこびているように見えるところが気に入らないようでしたが、狩野永徳の生き様から次第にそれを受け入れていくところがよかったです。

狩野永徳の下で、安土城の襖などを手掛けますが、織田信長の死後は狩野永徳から離れていき、建仁寺をはじめとして、水墨画を多く残したようです。

こうした水墨画が評価されたのは豊臣秀吉の時代であり、年齢的には60歳を超えたあたりのようですので、同じく晩年になって作家になった著者には同じように感じられたのかもしれません。

二刀流で有名な宮本武蔵は水墨画の作風が海北友松に似ていると言われているようですが、この本では、海北友松の絵を模写したりして、仕官を待つ様子が描かれています。

武人としての心を持ちながら、武士として生きることはかなわずに、絵師として生きたゆえに、武士との関わりが多かったのかなと思わせるような作品でした。

ただ、もう少し、絵の修行について、盛り上がってくれるとよかったかなと思いました。

お勧め度は★★★☆☆です。

Amazonで買うなら↓

関連リンク:

  • 「等伯」を読みました  - 2013.08.28
    (主な登場人物)長谷川等伯、狩野永徳、近衛前久、千利休、豊臣秀吉、石田三成、長谷川久蔵、春屋宗園

広告:

« 「さむらい道~最上義光 もうひとつの関ヶ原」を読みました | トップページ | 「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「墨龍賦」を読みました:

« 「さむらい道~最上義光 もうひとつの関ヶ原」を読みました | トップページ | 「衝天の剣~島津義弘伝 上巻」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ