« 「戦って候~不屈の武将・山上道牛」を読みました | トップページ | 「墨龍賦」を読みました »

「さむらい道~最上義光 もうひとつの関ヶ原」を読みました

山形の大名で、伊達政宗の叔父でもある最上義光について、高橋義夫さんが書いた「さむらい道」を読みました。
副題は、最上義光 もうひとつの関ヶ原、です。

この本は山形新聞に連載されていたものが書籍化されたようで、上下巻合わせて700頁以上あります。

最上義光は父である最上義守との確執や、甥である伊達政宗との関係、そして、関ヶ原の戦いの時期の上杉景勝(直江兼続)との戦いといったところが特徴的な大名です。

この本の副題にも、もうひとつの関ヶ原、とありますので、畑谷城や長谷堂城の戦いが多いのかと思いましたが、想像していたよりも少なかったです。

ただ、他の本でもそうですし、山形新聞に掲載されていたこともあるのかもしれませんが、出羽国統一に関する部分に多くのページが割かれていると思いました。

序盤は天童家と最上八盾と呼ばれる8城の武将たちとの戦いがメインとなります。その中でも主力となるのが野辺沢満延で、この本ではあまり戦う場面がありませんが、最上義光はその強さに惚れて、味方に引き込むところで流れが変わります。

基本的に、最上義光は降将に対して非常に寛容で、どんどん味方にしていくことで、勢力を拡大しています。味方になった武将も反乱せずに、しっかりと力になっていますので、最上義光にはそういう魅力があったのだと思います。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さむらい道(上) 最上義光表の合戦・奥の合戦 [ 高橋義夫 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/6/13時点)


ところで、本のタイトルにある、さむらい道(みち)という考えがたいたび本に登場します。

このさむらい道を実践しようとしたり、その考えに基づいて決定をしようとする場面があり、配下の武将たちにもそれが浸透していたようです。

そのためか、関ヶ原の戦いの時分に上杉討伐への参陣を求められた際に、それは「さむらい道」の考えに合わないと考える配下もいたようです。

結局、さむらい道というのは、他国に侵略して政治を行うことを覇道とし、自国の民を敬って、国を発展させるという古い考えなのかなと思います。

自国のみ発展させようとしても、戦はなくならず、大局的なさむらい道と、極小的なさむらい道というのがあり、それが関ヶ原の戦いの際に、徳川家に味方するかしないかの議論につながっていたようです。

そこを契機に、最上義光も一つ上の世界で物事を見るように進化したという感じもしましたが、そもそも、駒姫を豊臣秀次の側室に取られて、豊臣秀次に連座して処刑されたころから、徳川家康に近づくなど、政治の見る目はあった武将のように思えます。

そこに、さむらい道の考えがあるかというと、どうなのかなと思いますが、いち早く徳川家に味方したり、子を人質に出したり、というのは、地方の武将にはないような政治力ですよね。

この本は、あまり戦のシーンは多くなく、武将との関わりなど内面に関する部分が多かったです。そのため、盛り上がりにかけるところが少しあります。

本も、長谷堂城の戦いで話が終わってしまいますし、その戦のあとに、最上義光が何を得たのかなどを語ってくれるとよかったのかなと思いました。

お勧め度は★★★☆☆です。

Amazonで買うなら↓

関連リンク:

広告:

« 「戦って候~不屈の武将・山上道牛」を読みました | トップページ | 「墨龍賦」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さむらい道~最上義光 もうひとつの関ヶ原」を読みました:

« 「戦って候~不屈の武将・山上道牛」を読みました | トップページ | 「墨龍賦」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ