« スター・ウォーズ小説「ロード・オブ・シス」を読みました | トップページ | スター・ウォーズ小説「アフターマス」を読みました »

スター・ウォーズ小説「フォースの覚醒」を読みました

2015年に公開された映画スター・ウォーズのエピソード7である「フォースの覚醒」の小説版を読みました。

エピソード6の30年後が舞台となっていて、帝国の後にできた新共和国の話になっています。ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロ、レイア・オーガナと今までのメンツも登場しています。

主な登場人物は惑星ジャクーで廃品集めをして生活していたレイと、ストームトルーパーを脱走して正しい道に目覚めたフィン、そして、ダークサイドの使い手として登場するカイロ・レンといったところです。

タイトルにあるフォースの覚醒については、レイがフォースに目覚めるシーンがあるので、それを指しているように見えますが、ただのストームトルーパーであるフィンがライトセーバーを使ったり、惑星ジャクーでカイロ・レンに見つめられたりと、フィンについてもフォースが覚醒しつつあるのかもしれません。

今後のエピソードで明らかになるのではと思われます。

今回の一番の悪玉は、ファースト・オーダーの最高指導者であるスノークで、今後のエピソードで明らかになると思われるため、謎だらけです。
映画を見たときは、シディアスのマスターであるダース・プレイガスと思いましたが、機知に富んだシス卿という感じがあまりしないので、今では違うのかなと思ったりしています。

楽天で買うならこちら↓


他にも謎の人物がいて、最初に出てくるロー・サン・テッカですが、この小説版で少しはルーツなど分かるのかと思いましたが、読んでも分かりませんでした。

また、女海賊で1000年も生きているという、ヨーダ並みの長老であるマズ・カナタもやはり、よく分かりません。
特に、フォースのなぜ理解があるのか、そして、なぜアナキン・スカイウォーカーのライトセーバーを持つのかは明らかになっていません。

このライトセーバーはクラウドシティでダース・ヴェイダーとルーク・スカイウォーカーが戦った際に、ルークの手首ごと落ちてしまっていたはずです。
しかも、レイのヴィジョンにクラウドシティや義手も登場したりするので、エピソード8でルークがレイの生い立ちも含めて、話してくれるのではと思っています。

レイはアナキン・スカイウォーカー同様にメカに非常に詳しく、またハン・ソロからミレニアム・ファルコンのクルーにスカウトされるほど、操縦も含めて評価されています。

それも含めると、チューバッカとミレニアム・ファルコンを操縦するシーンというのは感動的なシーンと思いました。

ところで、エピソード7はエピソード6の30年後ということで、レジェンズでいうと、様々なシリーズを経て、ユージャン・ヴォングとの戦いが終わったさらに後、という年代です。

この年代となったのはレジェンズ同様に、ルークやレイアの子供の世代が中心ということだと思いますが、間が結構空いているので、レジェンズのようなスピンオフがいっぱい登場してくれるとうれしいです。

特に、帝国の崩壊やルークの隠遁、スノークの台頭などネタはたっぷりとあるので、これらが小説などで出てほしいと思います。

あと、エピソード8や9というところでは、ぜひ、霊体姿のアナキン・スカイウォーカーが登場して欲しいものです。

今までのパターンですと、エピソード4やエピソード1などの1作目では主要な人物が死に、2作目では敵側の攻勢に対して反撃の兆しを見せるという感じでした。3作目はエピソード3とエピソード6でだいぶ異なりますが、縛りがあったエピソード3とは異なり、エピソード9で完結するはずなので、エピソード6のようにハッピーエンドになるはずですので、楽しみです。

Amazonで買うなら↓

関連リンク:

広告:

« スター・ウォーズ小説「ロード・オブ・シス」を読みました | トップページ | スター・ウォーズ小説「アフターマス」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

スターウォーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ小説「フォースの覚醒」を読みました:

« スター・ウォーズ小説「ロード・オブ・シス」を読みました | トップページ | スター・ウォーズ小説「アフターマス」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ