« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の1件の記事

スター・ウォーズ小説「ロード・オブ・シス」を読みました

クローン大戦から8年後(エピソード3から5年後)の皇帝とダース・ヴェイダーについて書いた「ロード・オブ・シス」を読みました。

この本では、暗黒面に囚われながらも、まだシスの暗黒卿とは言えない状態のダース・ヴェイダーが皇帝との特訓?により、暗黒卿への一歩を踏み出す作品となっています。

舞台は惑星ライロスとなっていて、ここには有名な人種であるトワイレックの故郷となっています。有名なトワイレックとしては、エピソード3などにも登場する青い皮膚のトワイレックである、オーン・フリー・ター議員やジェダイ・マスターであるアイラ・セキュラなどがいます。

最近では、アニメ「クローン・ウォーズ」でライロス解放運動を行っているチャム・シンドゥーラや、アニメ「反乱者たち」に登場するヘラ・シンドゥーラがいて、この本では、チャム・シンドゥーラが帝国からの支配から脱却すべく、ライロス解放運動を行っています。

本作にはヘラ・シンドゥーラは登場しませんが、チャム・シンドゥーラの娘として名前は登場します。

前半では、罠と知りながら皇帝とダース・ヴェイダーが惑星ライロスに赴き、チャム・シンドゥーラが率いるライロス解放運動のメンバからスターデストロイヤーが攻撃されるシーンがメインとなります。

チャム・シンドゥーラはアニメ「クローン・ウォーズ」の時も惑星ライロスさえ自由を掴めばよい、という考えで、この本でもその考えで話が進みますが、やがて、自分たちが帝国に一矢を報いることで、同じ考えを持つ反乱者が多く出てくるはずと考えを改めるところがあり、大きな転換となる作品となっています。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STAR WARSロード・オブ・シス(上) [ ポール・S.ケンプ ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)


続きを読む "スター・ウォーズ小説「ロード・オブ・シス」を読みました" »

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ