« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の4件の記事

arrows M03 バッテリー問題解決

arrows M03にして1ヶ月経ちましたが、非常に快適です。
ブラウザしてメール見て、という使い方だと4日持ってくれます。

ですが、ここまで順調ではありませんでした。

使い始めて2週間くらいは、やはり4日持ち、電池の持ちがよいな、と思っていました。が、2週間くらいたったころから、急に1日半しか電池が持たなくなりました。

特に、夜充電して、朝起きてみると、80%くらいになっていて、何もしていないのに、単純計算で1時間に3%くらい消費していることが分かりました。

ネットで調べてみると、Googleの同期をやめろ、とか、位置情報がどうたら、とかいろいろと情報がありました。

自分の場合は電力消費の内訳をみると、AndroidOSとAndroidシステムがほぼ50%ずつぐらいで、それぞれ消費電力が1000mAhくらいずつありました。

特に、AndroidOSはスリープしないの時間が24時間以上あり、これが原因かなと思ったりしていました。

続きを読む "arrows M03 バッテリー問題解決" »

「信長さまはもういない」を読みました

織田信長の乳兄弟で、清州会議にも名を連ねた池田恒興について、谷津矢車さんが書いた「信長さまはもういない」を読みました。

この本では、池田恒興が姉川の合戦に参戦するところから、最後、小牧長久手の戦いで戦死するところまでが描かれています。

池田恒興は織田信長の若い頃から共に戦ってきましたが、最後に軍団長というところまでは昇格しなかった人物で、大局を見れるような人物ではないイメージです。

この本でも、自身がそこまでの器でない、と言うところがよく出てきて、それを織田信長に咎められたりしています。

珍しいところとして、津田信澄が池田恒興にとって重要な人物として登場します。津田信澄の父は織田信行で、織田信長の弟になります。

織田信行が謀反により死ぬと、柴田勝家に預けられていたことは知っていましたが、この本ではその後に、池田恒興のもとにいたとして、大きな影響を与えたことになっています。

本能寺の変が起こると、津田信澄は明智光秀の婿ということで殺されますが、それを恨む形で、池田恒興と柴田勝家が織田信孝と丹羽長秀に対峙する、というのが面白いです。

楽天で買うならこちら↓


続きを読む "「信長さまはもういない」を読みました" »

「天下を計る」を読みました

豊臣政権の五奉行の一人で、割と影の薄い?長束正家について、岩井三四二さんが書いた「天下を計る」を読みました。

この本では、長束正家が丹羽長秀の家臣の時代から、関ヶ原の戦いの後に自刃するまでが描かれています。

長束正家は五奉行の中でも石田三成ともに兵糧奉行を担当していて、どちらかというと算術につよい奉行というイメージでしたが、この本では丹羽家時代に武将としての経験もある程度積んでいるとのことでしたので、少し意外に思いました。

丹羽長秀が死んだあとは嫡男の丹羽長重の家老を務めていましたが、羽柴秀吉の度重なる勧誘と脅し?により、羽柴秀吉の直臣になってしまいます。

ちょうど丹羽家の領地が容赦なく減らされている時期でもあったため、この本では丹羽家を守るため、というのもあったように感じます。

丹羽家時代も丹羽家の勘定を管理していたことで、石田三成と羽柴秀吉の目に留まって、やがて天下の勘定を管理する、という目標を見出すようになった、としています。

羽柴秀吉は検地を全国へと広げていきますが、この検地を行った結果分かったことが、全国の生産高ということになり、これを管理することで、全国津々浦々の生産高を管理できる=天下の勘定を管理する、ということになったとしています。

楽天で買うならこちら↓


続きを読む "「天下を計る」を読みました" »

沖縄旅行4日目(最終日)

前の日の様子はこちらです。

この日の予定は、中城城⇒国際通り⇒那覇空港、という予定でしたが、子供がどうしてもプールに行きたい、ということで、朝食のあとにプールに行くことになりました。

朝食は最終日も和食がよい、ということで、Blueに行きました。
最終日も豚しゃぶしゃぶではなく、鶏肉でしたが、やっぱりおいしいです。
奥さんが聞いたところ、出汁はカツオとのことです。

カフーリゾートフチャク コンド・ホテル:Blue
豆乳しゃぶしゃぶ

沖縄ではきっと珍しくない虹が見えました。

虹
地面から虹が出ているのを初めて見ました。

やっぱり、朝から1時間かかって食事を済ませて、その後はプールです。
10時にはホテルを出発したいと思っていたのですが、結局、10時50分ごろに出発することになります。

プールは9時半までと言っていたのですが、朝のプールはちょうどホテルの日陰になって、日差しもないため、非常に心地よいプールとなりました。

カフーリゾートフチャク コンド・ホテル:プール
部屋からの眺め。下にあるプールのさらに下の階に幼児用のプールもあります。

そのため、ズルズルと10時近くまでいることになってしまいました。

ホテルを出発して、中城城に到着したのは、11:50ということで、当初の予定と大きくずれることになりました。

続きを読む "沖縄旅行4日目(最終日)" »

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ