« スターウォーズ小説「スターウォーズ ボバ・フェット②」を読みました | トップページ | スターウォーズ小説「スターウォーズ ボバ・フェット④」を読みました »

スターウォーズ小説「スターウォーズ ボバ・フェット③」を読みました

賞金稼ぎとして人気の高いボバ・フェットのシリーズ第3弾である「ボバ・フェット③」を読みました。原作は「Maze Of Deception(偽りの迷路)」です。

本の表紙は、ボバ・フェットとオーラ・シング、そして、インターギャラクティック銀行グループの会長サン・ヒルが登場しています。
サン・ヒルはエピソード2やエピソード3にも登場しました。

前作で、惑星ベスピンからオーラ・シングとスレーブⅠで脱出し、ジャンゴ・フェットの遺産が預けられている惑星アーゴウを目指します。
惑星アーゴウはインターギャラクティック銀行グループが取り仕切っている惑星です。

ジャンゴからの遺言?メッセージによると、遺産を引き出して、自給自立能力を学び、そして情報を得るため、ジャバ・ザ・ハットのところへ行け、とあります。
そして、最後に力をつけろ、と。

自給自活能力については、前作でティラナス伯爵から学びました。そして、今作では遺産を引き出して、クレジットを得る、というのが目的となります。

楽天で買うならこちら↓

Amazonで買うならこちら↓

本来は全ての遺産をもらえるはずなのですが、場所をオーラ・シングしか知らないため、しぶしぶ半分にすることに同意します。しかし、ここからがただの11歳の子供ではないため、なんとかオーラ・シングを出し抜こうと知恵を絞ります。

オーラ・シングの出し抜きに成功すると、一人でクレジットを引き出すために、惑星アーゴウの冒険が始まります。
ただ、オーラ・シングの追跡がありますので、それをかわしながらということになります。

ボバはジャンゴからの長所をどんどん伸ばしていて、子供とは思えないほどのサバイバル能力がありますが、まだジャンゴからのメッセージにある「人を信じるな、うまく利用せよ」ということを実践することができません。

クレジットを引き出すための冒険で、このことを嫌というほど味わうことになります。ちなみに、子供のことなど誰も気にしない、ということを活かして、いろいろと潜入するときには「子供」というのは役立っているようです。

いろいろあり、クレジットは少なくなってしまいましたが、スレーブⅠを整備し、惑星タトゥーインへ向かうところで終わります。
次は、いよいよジャバ・ザ・ハットの登場ですかね。

関連リンク:

« スターウォーズ小説「スターウォーズ ボバ・フェット②」を読みました | トップページ | スターウォーズ小説「スターウォーズ ボバ・フェット④」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

スターウォーズ」カテゴリの記事

コメント

Thanks for your submission. I would also like to say this that the first thing you will need to conduct is find out if you really need credit restoration. To do that you will have to get your hands on a duplicate of your credit score. That should never be difficult, considering that the government necessitates that you are allowed to have one absolutely free copy of your actual credit report on a yearly basis. You just have to check with the right men and women. You can either look at website owned by the Federal Trade Commission or contact one of the main credit agencies immediately.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« スターウォーズ小説「スターウォーズ ボバ・フェット②」を読みました | トップページ | スターウォーズ小説「スターウォーズ ボバ・フェット④」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ