« 「サビとり消しゴム」を買いました | トップページ | 「水の砦~福島正則最後の闘い」を読みました »

「賤ヶ岳七本槍」を読みました

賤ヶ岳の戦いで七本槍とうたわれた武将を徳永真一郎さんが描いた「賤ヶ岳七本槍」を読みました。

この本では、七本槍の各武将について分かれて書かれています。
賤ヶ岳の戦いの後半で羽柴秀吉の小姓が追撃戦に加わり、それぞれ活躍をしたことから七本槍と言われていますが、実際には7人ではなく、他にも活躍をした小姓はいたようです。

実際に感状を受け取ったのは9人いましたが、2人が亡くなったことで、7本槍となったようです。

7本槍は下記の7名です。
・福島正則
・片桐且元
・脇坂安治
・加藤嘉明
・平野長泰
・糟屋武則
・加藤清正

残りの2名は
・石河兵助
・桜井左吉
です。

この本でも残念ながら、7本槍しか語られていません。

楽天で買うならこちら↓
【送料無料】賎ケ岳七本槍 [ 嶋津義忠 ]

【送料無料】賎ケ岳七本槍 [ 嶋津義忠 ]
価格:843円(税込、送料込)


Amazonで買うならこちら↓

7人のうち、個別に本を読んだことがあるのは、福島正則と片桐且元、そして加藤清正です。なので、それ以外の4名が特に知りたいところです。

しかし、あまり文献が残っていないのか、平野長泰については6ページ、糟屋武則も8ページしか書かれていませんでした。

平野長泰は先祖が北条時政の流れにあるようで、最初は織田信長に仕えていたようですが、後に羽柴秀吉に仕えたようです。
長康は心猛く、秀吉に背くことがあったようです。そのことから、他の武将と比べて禄高は低かったようです。

関ヶ原の戦いでは東軍に属したようですが、記録がなく、大阪の陣では江戸城留守居役ということで、結局ほとんど情報がありませんでした。

糟屋武則は家族が別所長治に属す中、羽柴秀吉に味方したようで、尾張出身の子飼い武将ではなさそうです。
実のところ、いつから秀吉の家臣となったのか分からないそうです。

その後、賤ヶ岳で名をはせるものの、関ヶ原の戦いでは7本槍で唯一西軍についたようです。そのため、戦後に領地は没収されたようです。

脇坂安治は7本槍の最年長で、賤ヶ岳の戦いの前にも活躍していて、織田信長の配下で、明智光秀の与力として丹波攻略に参戦していたようです。
そこで、丹波の赤鬼こと赤井直正から武勇を称されたようで、この本では赤井直正を討ち取ったことになっています。

その後、朝鮮出兵では海軍の大将の一人として、渡海して活躍したりしています。
関ヶ原の戦いでは大谷吉継の部隊へ攻め込み、勝敗を決定づけますが、事前に東軍についていたようですね。

お勧め度は★★★☆☆です。

関連リンク:

« 「サビとり消しゴム」を買いました | トップページ | 「水の砦~福島正則最後の闘い」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「賤ヶ岳七本槍」を読みました:

« 「サビとり消しゴム」を買いました | トップページ | 「水の砦~福島正則最後の闘い」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ