« 「福島正則~秀吉天下取りの一番槍」を読みました | トップページ | 「忍城の姫武者」を読みました »

「駆けろ、鬼日向 水野勝成」を読みました

徳川家康の従兄弟であり、大名でありながら常に一番槍を目指した水野勝成を黒川十蔵さんが描いた「駆けろ、鬼日向 水野勝成」を読みました。

この本では、北条家と徳川家が甲斐の国で争った天正壬午の乱から福山城で亡くなるまでの生涯が描かれています。

水野勝成についてはあまり知りませんでしたが、反骨の士で、自分が納得できないことであれば、主君も主君とは思わない、ということがよく分かりました。

父である水野忠重から勘当された後は、あまり記録が残っていないようですが、この本では、中国地方を中心に、様々なエピソードで語られていました。
特に、天皇の密偵であった山中屋喜兵衛との出会いから、人脈が広がったように見えます。

それにしても、謎であるからの脚色なのか史実なのか知りませんが、多くの有名人が登場します。
出雲の阿国と関係を持ったり、天海との出会いがあったり、春日局との出会いがあったりしています。

また、真田幸村や片倉景綱とは秀吉傘下の時代に誓いを結んだりして、後に大阪夏の陣では、真田の家族を救出したりしています。

楽天で買うならこちら↓

Amazonで買うならこちら↓

水野勝成は、タイトルにある通り、日向守を名乗り、これは明智光秀以来だそうです。
誰もが敬遠していた日向守を喜び、明智光秀の槍を所望したことから、春日局や天海との出会いにつながっています。

また、これは宮本武蔵と同じ道場にいたこともあり、宮本武蔵もたびたび登場します。大阪の陣では、勝成の嫡男の護衛をしたりしていたようです。

水野家を出奔した後に表舞台に立つのは、佐々成政に仕えた頃で、その後も小西行長、黒田長政と主君を変えていきます。
黒田家では後藤又兵衛とよい仲になり、黒田長政を共に馬鹿にしたことで、黒田家からも姿を消す羽目になります。

ちなみに、この前に豊臣秀吉からは雑賀の残党を隠した疑いから逃げ出しており、戦場の武勇だけでなく、生き方も破天荒な感じです。

その武勇についても、大名でありながら先頭に立って戦を行うため、徳川家康からも怒られて、乳兄弟である徳川秀忠に家康亡き後に加増すると諭されたりしています。

最後は、福山藩十万石の大名になり、百名城の一つである福山城を築城します。
福山藩では治政でも才能を見せて、見事な政治ぶりを発揮したりして、才能あふれる人物だったことが伺えます。

知らない人物だったので非常に楽しめましたが、全部を紹介したかったのか、細かい話も多かったですね。もう少し、大きなトピックに専念して話が進むと、もっと面白く感じる人物と思いました。

お勧め度は★★★☆☆です。

関連リンク:

« 「福島正則~秀吉天下取りの一番槍」を読みました | トップページ | 「忍城の姫武者」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「駆けろ、鬼日向 水野勝成」を読みました:

« 「福島正則~秀吉天下取りの一番槍」を読みました | トップページ | 「忍城の姫武者」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ