« 「名将大谷刑部」を読みました | トップページ | 「駆けろ、鬼日向 水野勝成」を読みました »

「福島正則~秀吉天下取りの一番槍」を読みました

賤ヶ岳の七本槍で名をはせて大名にまでなった福島正則を高橋和島さんが描いた「福島正則」を読みました。副題は「秀吉天下取りの一番槍」です。

この本では、侍を夢見る桶大工の息子時代から、領地であった広島を追われて、信濃へと旅立つところまでが描かれています。

福島正則は福島市兵衛の長男と言われたりしますが、この本では桶大工を継ぐのが嫌で福島市兵衛の養子となって、嫁の縁者である木下藤吉郎に出仕をさせたとありました。

一般的に、猪子武者の代表のように言われる福島正則ですが、この本ではもう少しまともな武将として描かれています。

佐々成政の隈本の仕置きの際には、交渉の冴えを見せて、秀吉から奉行職をはく奪されるほどだったとのことです。
秀吉としては、佐々成政に仕置きをさせたかったのに、あんまり目立つな、ということです。

また、自らの領国に置いても仁政を引くなど、ただの武将ではなかったとありました。
ちなみに、本能寺の変の密使を捕まえたのも福島正則というのもあって、ちょっと驚きました。

楽天で買うならこちら↓
【送料無料】福島正則 [ 高橋和島 ]

【送料無料】福島正則 [ 高橋和島 ]
価格:620円(税込、送料込)


Amazonで買うならこちら↓

可児才蔵が家臣として有名で、晩年で家臣となったと思っていましたが、この本では、山崎の戦いの落ち武者狩りの際に、明智光秀に仕えていた可児才蔵を捕えて、家臣にしたとありました。

その後も数々の戦を共にし、軽口を言ったり、仲の良い感じが見られました。
特に、福島正則が有名になった賤ヶ岳の戦いでは、拝郷五左衛門の首を取る時にも、我がことのように喜んでいました。

ところで、一般的に賤ヶ岳の七本槍が有名ですが、この本では九人が一番槍の働きをしたとあります。有名な7人の他に、桜井佐吉、石河兵介が加わり、元々二百石前後の知行が三千石まで増えています。
さらに、福島正則は二千石多い五千石となり、一番の出世頭となります。

ちなみに、同じように一番槍のチャンスをもらった石田三成は首を挙げることができなかったようです。

天下を取るのは血筋ではなく、実力が必要と考えていたようで、秀吉の後は徳川家康が天下を握るのは当然で、豊臣家が生き残れればよいと考えていたようです。
長きに渡り戦場で活躍していた加藤清正や福島正則には、やっぱりこの考え方に基づいた行動を取ったと考えるのが自然と思いました。

最後は、広島城の石垣修復について本多正純に取った了承を反故にされて、改易処分となります。
このときに、元々桶屋だったのだからと、意気揚々と転封を受けるのが印象的でした。

お勧め度は★★★☆☆です。

関連リンク:

広告:

« 「名将大谷刑部」を読みました | トップページ | 「駆けろ、鬼日向 水野勝成」を読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「福島正則~秀吉天下取りの一番槍」を読みました:

« 「名将大谷刑部」を読みました | トップページ | 「駆けろ、鬼日向 水野勝成」を読みました »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ