« 「山内一豊」を読みました | トップページ | 今までに読んだスターウォーズ本の時代別一覧を作っています »

「福島正則~最後の戦国武将」を読みました

福島正則―最後の戦国武将 (中公新書)

豊臣秀吉の子飼いの武将で、後に徳川家康の昵懇大名の一人となった福島正則を、福尾猛市郎さんと藤本篤さんが描いた「福島正則~最後の戦国武将」を読みました。
この本は小説ではなく、歴史書といえると思います。

福島正則といえば、秀吉の子飼いの武将の中でも筆頭格で、武勇に優れた武将というイメージです。一方で、智謀に乏しいというイメージもあります。

この本では、武将としての活躍はもちろんのこと、安芸に移った後に石高を増やすなど、政治的な面でもしっかりと対応していた様子が伺えます。

賤ヶ岳の戦いでは7本槍の筆頭とも言える活躍を見せて、九州征伐の後には、四国の伊予11万石及び直轄領の9万石を収める大名に抜擢されます。

朝鮮出兵においては、加藤清正のような大きな活躍はなく、どちらかというとあまり目立っていない気がします。これはちょっと意外でした。伊予水軍がいたために、海軍としての活躍もあったようです。

豊臣秀次の失脚の後に、清須城をもらい、尾張半国24万石を有する大大名に抜擢されます。

この状態で、関ヶ原の戦いを迎えるため、東軍側の最前線の国を有していることもあり、岐阜城攻めなどで大いに活躍することになります。ちなみに、このときに、清須城には留守を任された武将がいたのですが、西軍から働きかけがあった際に、あやうく開城するところだったそうです。そのときに、許可なく城を引き渡すのはよくない、ということで、清須城は東軍の最前線として関ヶ原の戦いを迎えることになります。

関ヶ原の戦いでは石田軍との対峙を望むものの、陣替により、宇喜多秀家とマッチングすることになり、秀家配下の明石全登(てるずみ)の采配に苦しめられることになります。
この本では、宇喜多勢を撃破した後に、島津軍も攻撃したとありますが、別の本では、島津軍が死兵となっていることを見抜き、手を出さないよう厳命したなんて紹介されていました。

戦後は徳川家康により、安芸・備後50万石に任ぜられて、毛利家の抑えとしての役割を与えられます。

その後はおとなしい感じになり、大坂の陣では江戸で留守番をさせられ、参加できなかったようです。

また、この本では義理人情に厚い武骨な人物として描かれいて、数々エピソードを残しています。

山内一豊の本よりは圧倒的に読みやすいですが、それでも小説ではないので、あまり印象に残りにくい気がします。

これからはなるべく小説を読んでいこうと思います。

お勧め度は★★★☆☆です。

関連リンク:

« 「山内一豊」を読みました | トップページ | 今までに読んだスターウォーズ本の時代別一覧を作っています »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「福島正則~最後の戦国武将」を読みました:

« 「山内一豊」を読みました | トップページ | 今までに読んだスターウォーズ本の時代別一覧を作っています »

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ