「さむらい道~最上義光 もうひとつの関ヶ原」を読みました

山形の大名で、伊達政宗の叔父でもある最上義光について、高橋義夫さんが書いた「さむらい道」を読みました。
副題は、最上義光 もうひとつの関ヶ原、です。

この本は山形新聞に連載されていたものが書籍化されたようで、上下巻合わせて700頁以上あります。

最上義光は父である最上義守との確執や、甥である伊達政宗との関係、そして、関ヶ原の戦いの時期の上杉景勝(直江兼続)との戦いといったところが特徴的な大名です。

この本の副題にも、もうひとつの関ヶ原、とありますので、畑谷城や長谷堂城の戦いが多いのかと思いましたが、想像していたよりも少なかったです。

ただ、他の本でもそうですし、山形新聞に掲載されていたこともあるのかもしれませんが、出羽国統一に関する部分に多くのページが割かれていると思いました。

序盤は天童家と最上八盾と呼ばれる8城の武将たちとの戦いがメインとなります。その中でも主力となるのが野辺沢満延で、この本ではあまり戦う場面がありませんが、最上義光はその強さに惚れて、味方に引き込むところで流れが変わります。

基本的に、最上義光は降将に対して非常に寛容で、どんどん味方にしていくことで、勢力を拡大しています。味方になった武将も反乱せずに、しっかりと力になっていますので、最上義光にはそういう魅力があったのだと思います。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さむらい道(上) 最上義光表の合戦・奥の合戦 [ 高橋義夫 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/6/13時点)


» 続きを読む

「戦って候~不屈の武将・山上道牛」を読みました

上州の山上城の城主で、後に佐野家、豊臣家の直臣となり、牢人後は上杉家として最上義光と戦った山上道牛について、近衛龍春さんが書いた「戦って候」を読みました。
副題は不屈の武将・山上道牛です。

昔に花の慶次を読んで、山上道牛という人物を知りましたが、この本を読んで、まさか城主だったとは思いませんでした。

漫画では、前田慶次郎と同じ牢人として描かれていたので、昔はどこかの家臣だったとは思っていましたが、城主という立場だったとは意外です。

ただ、城主でありながら、薙刀を振り回し、敵をぶった切る様子は、漫画と同様で、活躍の様がよく分かります。

元々は、山上氏秀という名で、北条家の攻撃により山上城が落城した後に、形式上出家し、山上道牛と名乗ったとしています。

北条家を生涯の敵として、反北条家であった佐野豊綱の家臣となり、北条家と対峙します。佐野家の居城は、信長の野望でもおなじみの唐沢山城で、堅城として知られています。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦って候 不屈の武将・山上道牛 [ 近衛 龍春 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/22時点)


» 続きを読む

「伊達の企て」を読みました

伊達政宗の5回にわたる企てについて、近衛龍春さんが書いた「伊達の企て」を読みました。
この本では、豊臣秀吉の北条征伐の際に、石垣山城へ参陣したところから、三代将軍徳川家光の時代に、企てが成就することなく亡くなるまでが描かれています。

伊達政宗は遅れて生まれてきた戦国の覇者などと言われますが、正直、そこまで高い評価の人物なのかなと疑いの気持ちもあったりします。

確かに若くして東北で版図を広げていくのはすごいですが、現実的には東北から先には進めない気がします。
もっと前の時代であれば、という話もありますが、それはそれで、東北の制覇にもっと時間がかかると思います。

片倉景綱との関係も伊達政宗の評価に影響を与えていて、本により立場が異なります。この本では、伊達政宗の方が「かしこい」ように描かれていて、伊達政宗に献策するような場面はあまり見られませんでした。

この本では、そうした伊達政宗の動きに対して、裏ではこのような思惑があったという形で話が進んでいきます。

最初の企ては、豊臣秀吉に屈した後に、徳川家康に近づいて、一緒に豊臣政権を倒す、というひっそりとした企てかなと思います。
その企ても、豊臣秀吉が死んでしまうと、伊達政宗は政権争いの蚊帳の外に置かれるため、絵に描いた餅のような話かなと思います。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊達の企て [ 近衛竜春 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/14時点)


» 続きを読む

スター・ウォーズ小説「アフターマス」を読みました

エピソード6で第2デススターが破壊された数ヶ月後が舞台となる「アフターマス」を読みました。
あとがきによると、この本は三部作の第1弾にあたるようなので、今回登場した人物が今後の作品に出てくる可能性があり、楽しみです。

今までのレジェンド作品はエピソード6よりも前の作品で、初めて、エピソード6とエピソード7の間の時代の作品となります。

とはいっても、エピソード6に近いので、エピソード7的な要素はないです。

主人公は何人かいて、それぞれが別の場所で活動しながら、最後に一堂に会すると感じになっています。

その中でも有名どころとしては、ウェッジ・アンティリーズになります。
映画よりもレジェンドの方でローグ中隊を率いるなど大活躍していますが、映画の方でも、デススターと第2デススターに突撃して、両方とも生き延びるなど、パイロットとしての腕は一級品の人物となります。

もう一人、反乱軍としてエンドアの戦いを経験し、なんと第2デススターからの脱出組であったとされる人物として、ノラ・ウェクスリーが登場します。

第2デススターが破壊されるシーンに、うる覚えですが、ミレニアム・ファルコンとXウィング、そして、Yウィングがいたような気もします。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スター・ウォーズアフターマス [ チャック・ウェンディグ ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)


» 続きを読む

スター・ウォーズ小説「フォースの覚醒」を読みました

2015年に公開された映画スター・ウォーズのエピソード7である「フォースの覚醒」の小説版を読みました。

エピソード6の30年後が舞台となっていて、帝国の後にできた新共和国の話になっています。ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロ、レイア・オーガナと今までのメンツも登場しています。

主な登場人物は惑星ジャクーで廃品集めをして生活していたレイと、ストームトルーパーを脱走して正しい道に目覚めたフィン、そして、ダークサイドの使い手として登場するカイロ・レンといったところです。

タイトルにあるフォースの覚醒については、レイがフォースに目覚めるシーンがあるので、それを指しているように見えますが、ただのストームトルーパーであるフィンがライトセーバーを使ったり、惑星ジャクーでカイロ・レンに見つめられたりと、フィンについてもフォースが覚醒しつつあるのかもしれません。

今後のエピソードで明らかになるのではと思われます。

今回の一番の悪玉は、ファースト・オーダーの最高指導者であるスノークで、今後のエピソードで明らかになると思われるため、謎だらけです。
映画を見たときは、シディアスのマスターであるダース・プレイガスと思いましたが、機知に富んだシス卿という感じがあまりしないので、今では違うのかなと思ったりしています。

楽天で買うならこちら↓


» 続きを読む

スター・ウォーズ小説「ロード・オブ・シス」を読みました

クローン大戦から8年後(エピソード3から5年後)の皇帝とダース・ヴェイダーについて書いた「ロード・オブ・シス」を読みました。

この本では、暗黒面に囚われながらも、まだシスの暗黒卿とは言えない状態のダース・ヴェイダーが皇帝との特訓?により、暗黒卿への一歩を踏み出す作品となっています。

舞台は惑星ライロスとなっていて、ここには有名な人種であるトワイレックの故郷となっています。有名なトワイレックとしては、エピソード3などにも登場する青い皮膚のトワイレックである、オーン・フリー・ター議員やジェダイ・マスターであるアイラ・セキュラなどがいます。

最近では、アニメ「クローン・ウォーズ」でライロス解放運動を行っているチャム・シンドゥーラや、アニメ「反乱者たち」に登場するヘラ・シンドゥーラがいて、この本では、チャム・シンドゥーラが帝国からの支配から脱却すべく、ライロス解放運動を行っています。

本作にはヘラ・シンドゥーラは登場しませんが、チャム・シンドゥーラの娘として名前は登場します。

前半では、罠と知りながら皇帝とダース・ヴェイダーが惑星ライロスに赴き、チャム・シンドゥーラが率いるライロス解放運動のメンバからスターデストロイヤーが攻撃されるシーンがメインとなります。

チャム・シンドゥーラはアニメ「クローン・ウォーズ」の時も惑星ライロスさえ自由を掴めばよい、という考えで、この本でもその考えで話が進みますが、やがて、自分たちが帝国に一矢を報いることで、同じ考えを持つ反乱者が多く出てくるはずと考えを改めるところがあり、大きな転換となる作品となっています。

楽天で買うならこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STAR WARSロード・オブ・シス(上) [ ポール・S.ケンプ ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)


» 続きを読む

スター・ウォーズ小説「ジェダイの継承者」を読みました

エピソード4の舞台となったヤヴィンの戦いの2年後を描いた「ジェダイの継承者」を読みました。

この本では、ヤヴィンの戦いで英雄となったルーク・スカイウォーカーがジェダイ継承者として、フォースを学んでいく様子が描かれています。

エピソード5では惑星ホスでワンパに襲われた後に、フォースでライトセーバーを掴み、腕を切るシーンがあります。そのことから、エピソード4のときにオビ=ワン・ケノービからたっぷりとフォースを学んだのかと思っていましたが、この本では全然ダメダメだったということが分かります。

ちょうど、「反乱者たち」のケイナンよりも下のレベルで、エズラ並みという感じがします。

しかし、ルーク・スカイウォーカーはパダワンとして過ごす時期がなく、いきなり実践だったため、フォースとの結びつきも弱く、また適切な指導もないため、苦労をしていく、というのは、今までのレジェンドの小説でも語られてきたことかなと思います。

この本では、ルーク・スカイウォーカーがフォースの暗黒面から背を向けて、フォースを持たない人々からの助言をもらいながら、フォースを学んでいく様子がよく分かります。
あと、意外な登場人物と思ったのが、ギアル・アクバー提督です。
映画ではエピソード6から登場したのですが、この段階で提督となっていました。

楽天で買うならこちら↓


» 続きを読む

スターウォーズ小説「ターキン」を読みました

銀河帝国のグランドモフであり、ヤヴィンの戦いでデス・スターと共に散ったウィルハフ・ターキンについて書いた本です。

この本では、ターキンが政治家になる前に、出身惑星であるエリアドゥで、自身の代名詞である恐怖による支配の有効性についてどのように学び、成長してきたのかがよく分かります。

時代的には、パルパティーンが初代皇帝となって5年後で、まだ反乱同盟軍はおらず、本に登場するターキンの敵も、分離主義者やドロイドファイターなど、エピソード3時代も匂わせるような感じもしましたが、一方でインターディクター級やインペリアル・スター・デストロイヤーも登場してきて、エピソード3とエピソード4のブリッジ・ノベル的な側面もありました。

なお、TIEファイターはまだ登場せず、反乱分子もXウィングではなく、ヘッドハンターというような状態で、反乱軍が作られる前の段階で、お金がない様子も分かります。

ところで、この本は正史(カノン)にあたりますので、いわゆる公式見解が多く詰まっています。

クローン・ウォーズに関する部分は重要で、数多く、イーブン・ピールやアナキン・スカイウォーカーに刑務所から救出された話や、共和国の館長だったウルフ・ユラーレンも登場します。

楽天で買うならこちら↓


» 続きを読む

«スター・ウォーズ小説「ミレニアム・ファルコン」を読みました

Google Adsense


サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

楽天市場オススメ商品


パーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ